乾燥皮剥けしている時の洗顔・お風呂は痛くないのか?

Presented by:乾燥皮剥け肌になった場合

洗顔時にピリピリとした刺激を感じることが多いです。ですので、皮剥けによる刺激を感じた時には、その部分は洗顔料がなるべく付かないように、こすらずにぬるま湯で流すくらいを心がけています。私の場合は、ピーリングの洗顔料で皮剥けと取ろうとしたことがあったのですが、赤く炎症になってしまったことがあったのでなるべく刺激を与えないようにしています。

33歳・皮剥け場所:
鼻と口周り

特に感じません。ただ痛みはないのですが,ボディソープ等を使うと皮剥けが目立つ部位が真っ赤になります。そういう日は固形石鹸を代用し,できるだけ熱いお湯を当てずに軽めに身体を洗って,湯船でのんびりするように心がけています。

23歳・皮剥け場所:
胸の横,下腹部,腰回り,ふくらはぎの前側

洗顔や入浴時はゴム手袋を履くわけにはいかないので,直接水に触れることになり,患部にしみて痛みが伴います。ある程度までは我慢しますが,どうしても辛いときは,絆創膏を巻くと痛みがなくなるので絆創膏を巻いてしのぎます。

40代・皮剥け場所:
手の指先

入浴剤は全てしみるので入れていません。シャンプーも香りの強いものや外国製外国製ダメなようなのでミノン全身シャンプーを使っています。しっとりタイプを使っています。低刺激性でピリピリすることもなく愛用しています。

50代・皮剥け場所:
手のひらや指

皮むけしているときは基本的には洗顔料や基礎化粧品は使わないようにしています。でも乾燥対策のためにドクターシーラボのオールインワンジェルを使ってみたららとてもしみて痛かったので断念しました。アロエなどを塗ってあまり触らないようにしています。

40代・皮剥け場所:
鼻のあたり

皮剥けしている時は、シャワーを浴びた時やお風呂に浸かった時に刺激を感じます。ピリっとする感じですね。顔を洗う時はぬるま湯で洗った後、最後に必ず水で洗い、肌を引き締めるようにしています。これでかなり変わります。背中や足などの体は、ボディータオルなどで泡立てて、直接タオルで洗わずに泡で洗うと全然違います。

40代・皮剥け場所:
頬背中足のスネ

慣れると大丈夫ですが、最初にシャワーなどお湯がかかる時に痛みを感じます。ボディーソープも肌に合わないものがあって、ビオレUを使用していた時に入浴後に痒みが出るようになり、固形の牛乳石鹸に変えてから少し症状が軽くなりましたが、相変わらず皮は剥けています。

40代・皮剥け場所:
膝から下

痛みがひどくて、シャワーで済ませることが多かったです。ミノンを皮膚科で勧められて使用していましたが、あまり改善されなかたのですが、カミツレの石鹸にしたらよくなりました。

40代・皮剥け場所:
腕足

皮膚が皮剥けしている時の洗顔やお風呂はすごく痛みや刺激を感じます。かなりの苦痛を感じて辛いです。でも皮剥けしていても使える製品はあります。入浴剤ならクナイプの入浴剤で痛かったことはありません。洗顔や体を洗うものは、シャボン玉石けんなら刺激も全くありません。それ以外の製品は大抵刺激や痛みを感じます。

20代・皮剥け場所:
顔の頬、手の指

ひどい時には水に当たる時、洗顔中、化粧水をつける時にヒリヒリした痛みがあります。冬の間は乾燥を少しでも避けるために石鹸を使用しての洗顔は1日1回にしています。その乾燥の皮向けが治った製品がニベアの青缶です。

30歳・皮剥け場所:
顔の口周り、鼻周り